ネットショップ アクセス解析

アクセス解析をする意味とは?

アクセス解析がなぜ必要なのかというと、ショップに訪問した人がどこから来てどのページに訪問したか?また、どれくらい滞在していたかを知ることができるからです。

 

それによってアクセスの多い商品ページを強化したり、アクセスの少ない商品を知ることができます。

 

なお、以前はどの検索ワードで訪問したのかもわかったのですが、去年からグーグルの規約が変わり、現在は検索ワードを見ることができなくなっています。

 

ただし、グーグルのサーチコンソールでは、キーワードをある程度把握することができます。

 

グーグルには、アクセス解析のツールとして「サーチコンソール」と「グーグルアナリティクス」があります。

 

 

 

サーチコンソール

サーチコンソールは、グーグルのIDを取得すればだれでも無料で利用することができます。

 

さきほど申し上げた通り、現在サーチコンソールのみがどの検索ワードで検索されているかを調べることができます。

 

ただし、確認できるのは、その検索ワードで何位か?ということと、その検索ワードで何回クリックされたか?ということだけです。

 

これらの機能は、ショップングカート提供会社に付属してるアクセス解析では調べることができません。

 

サーチコンソール
https://www.google.com/webmasters/tools/

 

 

 

グーグルアナリティクス

グーグルアナリティクスもアクセス解析のツールですが、サーチコンソールとの違いは、訪問者がどのページに訪問してどれくらい滞在していたか?という滞在時間を調べることができることです。

 

また、どのページがアクセスが多かったのか、ということもわかります。

 

これらの検証ができれば、ショップをどう改善していったらいいかある程度の目安になります。

 

以前は、どんなキーワードで訪問してきたのかも確認できたのですが、規約が変わってからはキーワードはわからなくなりました。

 

しかし、ネットショップを運営していくうえで、これだけの情報がわかればショップ改善に役に立ちます。

 

グーグルアナリティクス
https://analytics.google.com/analytics/web/

 

 

 

i2i

i2iはグーグルのツールではありませんが、アクセス解析ツールとしてかなり便利です。

 

グーグルと同じく、キーワードを特定することはできませんが、ユニークユーザーや総PV数などをリアルタイムで把握することができます。

 

さらには、日別、時間別アクセス推移、ページ別アクセス推移などがグラフで見れるので、とても便利です。

 

なお、無料ですが、無料だとサイトに広告が表示されます。PCの場合は特に問題ないのですが、スマホの場合広告バナーが表示され邪魔になります。

 

初めて訪問した方が、この広告バナーにうっとおしさを感じて立ち去られてしまう可能性があるので、できたら有料版がおススメです。

 

大体1,000円入金しておけばかなりの期間広告バナーを非表示にできます。

 

i2iはこちら

 

 

 

 

まとめ

アクセス解析をしなければ、売り上げが上がらない原因や、なぜ売れたのか?などの検証をすることができません。

 

やみくもに運営していても、売れない原因を突き止めることはまずできません。

 

常に検証をして、原因を知ることが売り上げアップには欠かせません。