ネットショップで販売する商品を仕入れるには

ショップで販売する商品はどこで仕入れる?

 

ネットショップを開業しようとする場合、すでに販売する商品が決まっている、あるいは実店舗の商品をネットで販売したい、という方は別としてこれから0から始める場合は、まず仕入れルートを探さなければなりません。

 

商材を仕入れるには、おおまかに分けて3つの方法があります。

 

1、仕入れサイトを利用する

ネットが普及している現在、わざわざ問屋街へ行かなくても仕入れサイトから仕入れることができます。

 

国内最大の仕入れサイトネッシーは、卸会社の価格を一発で確認することができ、効率的に仕入れることが可能です。

 

また、海外ではアリババのような巨大ショッピングモールなどもあり、わざわざ海外まで行かなくても仕入れることができます。このように、ネットショップを開業するハードルは年々低くなっていると言えます。

 

 

2、問屋街で仕入れる

問屋街まで出向いて仕入れるメリットは、自分の目で見て触って確かめることができる点です。また、直接交渉することもできるので、ネットで購入するよりもお得になる可能性もあります。

 

例えば、東京の日本橋馬喰町横山町問屋街は有名ですね。全国には、このような問屋街が多くあります。卸し問屋+県名で検索すればいくつか出てくるでしょう。

 

 

3、海外から仕入れる

海外に直接出向いて仕入れる方法もあります。管理人は、実際に現在もタイに直接買い付けに行っています。タイは、ネットによる仕入れがほぼできないため、直接行かなければ仕入れることができません。

 

ただ、これは自分が仕入れているアパレル関連の話ですが。それ以外にも中国にはイーウーという巨大マーケットがあり、そこに行けばほぼ目当ての商材が見つかるといってもいいでしょう。

 

ただし、海外仕入れは経験と実績がある程度必要なため、初心者がいきなりできる方法ではありません。ですが、もし海外仕入れで売れる商材が見つかると旅行気分で仕入れに行くことができ、それはそれで楽しいものです。